言葉で動かされる・・・

今日もいい天気です。真冬であることを忘れてしまいそうな穏やかな陽射しで少し動くと汗が出てきます。しかしこれが週末になると一気に冷え込んで、雪が降りそうだということです。この寒暖の差は堪えます。お年寄りにとってはとてもキツイ仕打ちのような気がします。こういう時のことを考えても、やはりあまり温度差のない快適な家創りは本当に大切だなと思います。これからも「暖かくて快適!」と言われるように、精進していきます!!

夕方に今月初めて、知覧の産土神社である「豊玉姫神社」に参拝いたしました。

荘厳で癒されるパワースポットです。

お参りをして心を静めて、おみくじをひきました。「大吉」でした。おみくじで久しぶりに大吉がでて大変うれしかったです。

何事も心を正直に強く持ち、物事に退屈せず信神怠らず勉めれば、時到りて後にはおおいに仕合せよくなります。騒がず時を待ちなさい・・・(おみくじの言葉)

久しぶりにいいことばかり書いてありました!!

わたしはここ豊玉姫神社のおみくじを結構信じています。それは、我が家の3人目の出産時、うちはお医者さんに男か女かは絶対に聞かないで過ごしますが、私がおみくじを引いた時、出産のところに「安し おとこ」と書かれておりました。そして後日今度は家内がおみくじを引いたところまた「安し おとこ」と書かれていたのです。結局生まれたのは男の子でした。おみくじでこんな言葉が書いてあるのは、今までこの2回だけです。周りの人達に話したら、おみくじにそんなことが書いてあるのは見たことがないと言われました。しまいにはある人がもう名前は「やすし」で決まりだね!とまで言われてしまいました~。さすがに付けませんでしたけど(笑)そんなこんなでこのおみくじの言葉を信じています・・・

まあどうであれ言葉というものは大切です。良い言葉が出ればうれしいし、それを信じたくなります。悪い言葉に出会えば、ただのおみくじだからと言いながらも少し心配になります。良い言葉を言われれば元気が出るし、悪い言葉を言われれば気分が落ち込む訳ですから、私達は言葉で心を動かされているのです。だから私達は、もっと言葉を大事に扱わなければいけません。言葉は両刃の剣です。人を生かしもするし、殺しもします。同じ使うのであれば、自分も人も生かす言葉を使いたいものですね!!

今日もいい1日でした   ありがとうございます。

失敗しない住まいづくり5つの秘訣4つ目です。

前回は、毎日楽しく暮らせ充実した生活を送るために、夢を実現させる家づくりをしてくださいとお話しました。

今日は、4つ目のポイント、情報です。

現代は情報過多の時代です。

入ってくる情報の中には、間違ったものがたくさんあります。

だから、取り入れる情報の質を吟味しないといけません。

情報は自分で選んでいるつもりでしょうが、住宅情報は強制的に入ってきます。

折込チラシや新聞広告がそうです。

住宅情報誌は、ほとんどが記事のように見せかけた広告です。

ですから、その記事が提灯記事かどうかを確かめなければいけません。

(提灯記事:その記事元を持ち上げるために書かれた記事に対する呼称)

そして、自分に必要かどうか判断する基準を持たなければいけません。

全てを取り入れてしまうと頭が混乱して、正しい判断が下せなくなります。

以前、車の例を出しました。

スポーツカーにはスポーツカーの特長があるわけです。

スピードが出るとか、加速感があるとか。

ワンボックスカーは、大勢で遠出が出来るとか、ゆったりした空間だとか。

乗用車だったら、乗り心地がいいとか。

しかし、この全てを満たす車はありません。

だから、自分の価値観によって選択する車は違います。

家も同じです。

まず、自分は何が欲しいかを知ることです。

そうすれば、情報は必要なものだけを取り入れるようになります。

そして、取り入れた情報の質をよく吟味すれば良いんですね。

情報は質だけではありません。

取り入れる情報の量も重要です。

以前、私が30社調べたと言いましたが、圧倒的に少なかったんです。

970社は調べなかったわけですからね。

だから、量も大事なんです。

特に表に出てこない、自分が知りえない情報をいかに取得するかが問題です。

その中に、大事な情報やお得情報があります。

だから、取り入れる情報の質と量を良く考えてくださいね。

 

次回は、5つ目です。

つづく・・・

この記事を書いた人

前田 浩之
演劇と音楽が好きで、現在ゴルフ修行中です。
日常の些細な出来事の中から、少しでも良いことを見つけて書き記すことができたらと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です