「感謝」する心の中にこそ「天国」がある・・・

「感謝」する心の中にこそ「天国」がある・・・感謝の心は人生に希望を与える。人生の希望は人間に「生きる力」を与える。それは人間の肉体を健康にし、環境を美しくととのえる気力を与えるのである。「感謝の心」の中にこそ、神があらわれ、凡(すべ)てをいやし給(たま)うのである。感謝の心以外に、よい世界をつくる原動力はどこにもないのである。(谷口清超著『智慧と愛のメッセージ』より)

 

鹿児島もここ数日の寒波で雪に見舞わて、とても寒い日が続いております。寒い日が続くと私たちはこの寒さをつい嘆いてしまいます。「毎日寒くて困ったもんだ」「路面が凍結してどこにも動けない。勘弁してくれ~」辛いことは皆さん嫌いですから、そう思うのは当たり前です・・・

ただそんな状態であるのは、私たちの地域だけではありません。今北陸はトンデモナイ豪雪で、交通どころか生活や経済にまで影響を及ぼしています。台湾では大地震が起きて倒壊寸前の建物も多数あります。そんなことを考えると私たちはたいへん恵まれています。どんなに寒くても太陽光線は降り注いできます。お陽様に当たると暖かい熱に瞬間、幸せを感じることもできます。すべては人の心の捉え方次第。どうせなら、有難いことをひとつでも多く見つけることの方が良い方向にいくのではないか?!きっと皆さんもそう思うことでしょう。

常に良いことを有難いことを探す習慣が、人の心を豊かにするのかもしれませんね~。いつも感謝することを探したいと思います。今が一番幸せですありがとうございます!!

 

[[こんなときどうするの?…リフォーム用語]]

 

今日は、床の間についてです。

江戸時代の床の間は、来客が泊まるときに利用する空間でした。

現在では、花や掛け軸などを飾る場として利用されています。

しかし、床の間をもっと有効に利用したいと考える人が増えているとか。

時代の流れを感じますね。

収納スペースを増やしたいなら、床の間をクローゼットにしてはどうでしょう

か。

和室を活かすならクローゼットも和風に。

和室を洋風にリフォームするなら、クローゼットも洋風に。

ただし、床柱は撤去できるものと構造上不可欠なものがあります。

施工業者や専門業者に相談して、間違いのないようにしましょう。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

この記事を書いた人

前田 浩之
演劇と音楽が好きで、現在ゴルフ修行中です。
日常の些細な出来事の中から、少しでも良いことを見つけて書き記すことができたらと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です