あなたがあなたを好きになれば、全ての人があなたを好きになる・・・

あなたがあなたを好きになれば、全ての人があなたを好きになる・・・あなたが人から愛され、尊敬されることを望むなら、先(ま)ずあなたがあなた自身を愛し尊敬することだ。あなたがあなたを軽蔑すれば、全ての人はその如(ごと)くあなたを軽んずる。あなたがあなたを好きになれば、皆がそのように同調する。何故(なぜ)なら、あなたの人生を支配する者は、あなた自身だからである。(谷口清超著『伸びゆく日々の言葉』より)

自分の人生を支配する者は自分自身である!!はい、全くその通りでございます・・・ただその中で私たちは、自分が嫌だと思っているものは、大概人も嫌いなんだということを本当はこころの底では知っているのですが、ついそのことを忘れてしまっている傾向があります・・・

その最たるものが、ほんとうは自分は人に好かれたいと思っているにも関わらず、現在の自分のことが大っ嫌いだと思っていることではないでしょうか!!自分が大っ嫌いな人を人が大好きだと思ってくれるでしょうか?

こんな間違いを犯している人の如何に多いことでしょう。「あなたの人生を支配する者は、あなた自身だから」でありますから、まずは自分を好きなり、尊敬しなければいけないということがわかるのではないでしょうか!!

でもそんなこと言ったって・・・自分をちっとも良いとは思えないとか、自分の顔が嫌いだとか、思っている人は山ほどおりますよね~。じゃあそれをどう克服すればよいのでしょうか?

その昔女優の木の実ナナさんのインタビューを聴いた時、印象に残ったお話しがありました。私は美人でもないし、どちらかと云えば個性的な顔をしておりましたが、女優になりたかったので、いつも鏡に向かって自分に語りかけておりました・・・「私は美人だ!私は美しくて素敵な女性だ!」と・・・結果木の実ナナさんは一流女優として大成いたしました・・・

これをお読みになりどう思われましたか?言葉の創化力を感じませんか?言葉で宣言したものは間違いなく実現するのです!!

またもうひとつするべきことがあります。それは「感謝」それは何に対してでしょう?・・・一番大切なことは親に対してなのです・・・

そんな事言ったって、感謝なんかできない!!そう思う方もいるかもしれませんが、これだけは絶対に曲げられない法則があるのです。親が大っ嫌い、親に感謝できない心があると、潜在意識はその大っ嫌いな親から生まれた自分自身を自動的に裁くのです。「憎い親から生まれた自分も存在意義がない憎い存在」として・・・

親孝行といって浮かぶ偉人は、野口英世先生です。

世の偉人達を確認しますと、必ず出てくるのが苦労を掛けた親を楽にさせてあげたいとか、親に喜んでもらいたかった!という言葉です。親に感謝して恩返しをしたいと思う人は、それを遂行するために間違いなく自分も大事にします。その反対に親を憎んでいる人は親を困らせたいと思うがゆえに、親の分身である自分を痛めつけるのです。よってこの部分が自分を愛し尊敬できるかできないかのターニングポイントではないかと思います。どんな環境であれ、今この世に生を受けて今を生きている私たちの原点は親でありますので、この親への「感謝」と自分自身への「言葉の創化力」の実践。この2点を徹底できたなら、誰でも自分を好きになり、そして人からも愛される存在となることでしょう。一歩一歩着実に近づいていこうと思いましたありがとうございます!!

【 住宅展示場に行くのなら 】

家づくりの下準備が不十分な段階で住宅展示場に行くと、

新居に住み始めてから後悔する可能性が高くなります。

ですから私は、

そんな段階で住宅展示場に行かないで欲しいと

折に触れてお話ししています。

『展示』の意味は『商品や作品を数多く並べて一般に見せること』です。

住宅展示場は、複数の業者が家づくりを検討する人々に自社の商品を売り込むた

めの場所です。業者にとって、そこは厳しい戦場。

当然、他社に劣る商品を展示することはできません。

あなたを誘惑するため、

家具や調度品で洒落た空間を演出するなど、

創意工夫を重ねています。

それを知ってしまうと、住宅展示場に行くのが怖くなりますね。

しかし、大きなメリットもあるんです。

それは、最新の家づくりの情報を得られることです。

最新の設備や工法、最新の税制や助成金などの情報…。

それらを無料で提供してくれます。

また、営業マン達の営業スタイルも比較できます。

これらは、行かなければ知り得ない情報です。

十分な下準備ができたと思ったら、まずはチェック項目を決めましょう。

何を比較したいのか、目的を明確にするんです。

そして、知り得た情報は、その都度細かく記録してください。

奥行や幅などが気になったらすぐにメジャーで調べてください。

気になる設備や間取りなどは、許可を得てから

デジカメやスマホでこまめに撮影しましょう。
その際、注意したいことが2つあります。

一つ目は、1日当たり3社程度に抑えること。

数が多いと、情報がゴチャゴチャになってしまいます。

二つ目は、複数回訪れること。

初めて訪れる場所は、とても魅力的に見えます。

しかし、訪問回数を重ねると、

前回見えなかったところが見えています。

緊張がほぐれて、気軽に質問できるようになります。

もちろん、見る価値が無いと判断した場合は

除外して構いません。

厚化粧の下の素顔を見抜いて、あなたの家づくりに役立てたいですね。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

 

この記事を書いた人

前田 浩之
演劇と音楽が好きで、現在ゴルフ修行中です。
日常の些細な出来事の中から、少しでも良いことを見つけて書き記すことができたらと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です