人が明るく努力するとき、成功への路(みち)を確実に進む・・・

人が明るく努力するとき、成功への路(みち)を確実に進む・・・生命(せいめい)は光の中で育ち、闇の中では育たない。何故(なぜ)なら太陽の光のエネルギーをうけて生命(せいめい)は現象化するからだ。物質や動植物ばかりではなく、人の心も光を失うと生長を損なう。常に明るくあれ。明るい心で学習すると、どんどん進歩する。その進歩がまた心の明るさを呼びさまし、進歩の引金を引くのである。(谷口清超著『伸びゆく日々の言葉』より)

次女が高校生の時に描いた油絵です。

向日葵という花は太陽の光に向かって花を開かせます。常に光を求めているのです。植物の「光合成」は光エネルギーを使って水と空気中の二酸化炭素から炭水化物を合成し、光合成は水を分解する過程で生じた酸素を大気中に供給しているわけで、光がなければ植物はまったく育たなくなりますし、地球も成り立たなくなる訳です・・・

自然の一部でもある私たち人間も同じで、表面的な光もですが、心の中に光を浴びなければ精神的にしなびてしまいます。実際環境的に苦しい職場に長くいると、気持ちが陰鬱になって病気になる人も多いですが、心晴れやかに明るい雰囲気の職場にいると、いつも気持ちが前向きになり、毎日が楽しく過ごすことができます。すべては心がどちらに振り向いているかなのですが、自然と良い方向に振り向ける人は幸いです。毎日が楽しいです。しかしそうでない場合は自分自身の意識的な努力以外に乗り切ることはできないでしょう・・・

もちろん時間がかかるかもしれませんし、もしくはぱっと切り替えられる人もいるかもしれません。すべては自分のお心次第。明るく前向きな学びに取り組む以外乗り切れないかもしれません。ただ言えることは「神は光」であり、明るいものしか創り給わないので、小学生に大学生の問題を与えないように我々にもできる問題しか与えないということです。自然の摂理同様、常に明るい光の方を振り向きながら、いろんな学びを経験して堂々と進歩していこうではありませんか!!今が一番幸せです ありがとうございます!!

_  ⊂⌒⊃
/  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「 火災保険 」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

■火災保険の目的

火災保険の対象は火災だけではありません。

風水災などの自然災害や盗難などで、

建物や家財などに生じた損害も含まれます。

自然災害の中で対象になるのは、

風災・ひょう災・雪災・水災などです。

地震は対象外なので、

地震保険を火災保険に付帯して契約することになります。

■保険価値を超える契約はできません

火災保険の保険金の支払限度額は、

損害が生じたときの建物の保険価額を超えることはできません。

火災保険を複数契約しても構いませんが、

全社の火災保険の保険金額の合計が、

建物の保険価額を超えないようにしなければなりません。

また、契約先を増やす時には、

他の保険会社と契約していることを

保険会社に報告しなければならないという告知義務があります。

■もらい火

最近は、耐火性に優れた住宅が増えています。

しかし、数十年前までは類焼の危険性が高い住宅が多く、

自己の建物を焼失し損害を受けた失火者に

損害賠償責任を負わせるのは酷であるという考え方がありました。

そのため、失火者に重大な過失が無い限り損害賠償を請求できません。

私たちは、隣家の火事で被害を受けた場合、

自分の火災保険で対応できるよう備えておく必要があります。

保険会社によって補償内容は異なります。

河川が近い、木造住宅が密集している、など

それぞれの土地にはそれぞれのリスクがあります。

内容を吟味し、土地のリスクに対応できる火災保険を選びたいですね。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

この記事を書いた人

前田 浩之
演劇と音楽が好きで、現在ゴルフ修行中です。
日常の些細な出来事の中から、少しでも良いことを見つけて書き記すことができたらと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です