大切なのは「愛と和み」・・・

「愛」はすべての矛盾(むじゅん)を解決する力である・・・何よりも先(ま)ず問題解決の鍵は「愛」である。愛のあるところに解決しない問題はないのである。愛は、燃え上る反抗心に、ゆたかなる水をそそいでそれを鎮静(ちんせい)せしめるのである。反抗心や敵対心がなくなったとき本当に正しい解決が得られるのである。調和の中にのみ、よき解決が得られるのである。(谷口雅春著『新版 希望を叶える365章』より)

問題が起こった時どうしても「なんでこうなるの?!」と心がざわつきます。きっと誰だってそう思ってしまうのではないでしょうか?そして原因を外部に求めてしまい、自分のことを棚に上げて、相手への攻撃に終始してしまう。その結果間違いなくその問題は悪循環のスパイラルにハマって、堂々巡りどころか、ますますこじれてしまうのです・・・

「許す」の語源は「緩む」だと云われています。心を緩めることだと・・・確かに人を許せない方というのは正義感の強く、正しい生活を心がけている人が多いそうです。自分の中にしっかりと確立されたものを持っているから、それに反するものは許せない。それは本当によくわかります。私も少しそんなところがあるので、よく腹を立てていました。ただそれが自分を苦しめることにもなりましたが・・・

心を緩めるとは、自分のそのような縛りも緩めるということです。つまりもっと心をおおらかに保たなけれそれはできません。自分の尺度を広げることが必要なのです。そしてそれには「愛」が必要なのです。「愛」とは自他一体の心です。相手のことを思いやる心です。例え悪い状態が見えていようとも、相手を信じて認める心です。人間に完璧な人などおりません。誰だって脛に傷をもっていますし、いろんな人を傷つけたり、自分を偽ったりしています。結局みんなお互い様なのです。そんな不完全な人間だからこそ、いろんな境遇で鍛えられて魂の生長を日々行っているのです。そう思えば、許せないことなどないのではないでしょうか。清濁併せ持ちながら、事を荒立てずに、調和した心持で問題にあたるとききっとよき解決策が得られるのだと私も思います。大切なのは「愛と和み」私のコンセプトです。今が一番幸せです!!ありがとうございます!!

 

_    ⊂⌒⊃
/  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「 ライフプランを見直しましょう 」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

■ライフプランニングは、家づくりに不可欠

住宅ローンは、

数千万円の借金を数十年かけて返済する大仕事。

無事に終えるためには、

今後の収入と支出を把握し、

無理のない返済計画を立てなければなりません。

そのために欠かせないのがライフプランニングです。

■定期チェック

ライフプランニングの相談相手として重宝するのが

ファイナンシャル・プランナー(FP)。

しかし、相談料や時間のねん出などを負担に感じ、

夫婦だけでライフプラン表を作る人もいます。

本やネットなどの情報をもとに作れますが、

保険や教育資金、年金などを考慮しながらの作業は

難しいものです。

不備な点が出てきても不思議ではありません。

家族設計の変化や貯蓄の動向なども意識しながら

一度見直してみましょう。

不安な点があれば、FPなど

専門家のアドバイスを求めて解決したいですね。

■万が一を想定

住宅ローンの返済を終えるまで、

家族や両親がずっと健康に過ごせる保証はありません。

「もし親を介護しなければならなくなったら…」

「もし長期入院したら…」

そんな事態を想定した資金計画を立てておけば

万が一の際に慌てずにすみます。

この先数十年のライフプラン表を作成し、

収入や支出の動向を書き出しているなら、

この機会に見直してみましょう。

修正した方が良い箇所が見つかるかもしれませんよ。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

この記事を書いた人

前田 浩之
演劇と音楽が好きで、現在ゴルフ修行中です。
日常の些細な出来事の中から、少しでも良いことを見つけて書き記すことができたらと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です