あなたの心のみ、あなたの世界を改善できる・・・

あなたの心のみ、あなたの世界を改善できる・・・“あの人が変ってくれなければならない”とか、“この環境が変らなければ駄目だ”とか考えてはなりません。レンズが明るければ、夜景でさえも明るく写せるように、あなたの“心”が明るければ、一般の人には暗く見えるような世界でも、明るく受けとめ、明るくできるのです。(谷口雅春著『女の浄土』より)

自分の人生は自分の心次第・・・よく聞かれるフレーズではないでしょうか。皆さん日々過ごしながら、そのことは重々承知であることでしょう。ただいざその場面に遭遇すると、目の前の現実にとらわれ過ぎてそのことを忘れてしまうのも人間ではないでしょうか・・・

ああ、あの人が考えを変えてくれれば!とか、もっと別の職場であったら!など、どうしても外部に変化を求めてしまうのです。でも良く考えて見てください。自分の心ですら簡単に変えられないのに、どうして人の心や環境を変えることができるでしょうか!!どんな行動もまずは心で思い、決意しなければ始まりません。こちらが強制的に相手に思わせ、決意させることなどこちらがよっぽどのカリスマ性のある人物か、とてつもない権力者以外は無理だと思います。普通はできませんよね!

私たちができることはただ一つ。自分で見方を変える以外にはないということです。「レンズが明るければ、夜景も明るく写せるように・・・」とても的をついた言葉です。レンズを掛け替えれば、見える世界が変わるのです。これを「パラダイムシフト」と言いますが、自分の心に「パラダイムシフト」を起こして、明るい世界のみを見つめられるような人間になって、この世の中を調和に満ちた穏やかな世界にしたいものですね・・・

常に心を明るい方向に振り向けて生活しましょう!今が一番幸せですありがとうございます!!

【 建て時について。あなたの考えはどっち? 】
「近い将来、消費税が引き上げられます」

「こんな低金利は、もう二度とないかもしれない」

「今ならキャンペーンで、こんな特典が!」

そんなフレーズを耳にすると、

「新築するなら今が一番いいのかも」

と、気が焦ってしまいますね。

数千万円の費用を掛けるのですから、少しでもお得な時期に

建てたいと思うのは当然です。

しかし、逆の考え方もあります。

数千万円の費用を掛けるのですから、より良い家づくりをする

ための計画を充分に練って、準備が整うまで待つべき。

さて、みなさんの考えはどちらでしょうか。

家が完成するまでには、ライフサイクルを作成して安全な資金計画を考えたり、

納得できる土地を探したり、信頼できる業者を探したりと、時間を読めない作業

が続きます。

業者との打ち合わせや施工期間を含めると、数年がかりの計画になります。

もし、住宅を投資目的で買うのなら、低金利や増税前の時期は絶好のタイミング

といえるのでしょう。

しかし、家族のための新居をつくる人にとってはどうでしょうか。

世間のタイミングに合わせるより、自分のタイミングに合わせることが大切だと

私は考えます。

ところで、前回の増税の時、どんなことが起きたか覚えていますか?

新築の申し込みが殺到して業者は人材不足と材料不足に悩まされたものでした。

また、作業者の経験不足や長時間労働による施工ミスが、各地で多発しました。

あなたの建て時と他の人の建て時は違います。

後悔や妥協をしないためにも、建て時をしっかり見極めたいものですね。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

この記事を書いた人

前田 浩之
演劇と音楽が好きで、現在ゴルフ修行中です。
日常の些細な出来事の中から、少しでも良いことを見つけて書き記すことができたらと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です