失敗や逆境の中に、大きな成功の種子が含まれている!!

失敗や逆境の中には、全てそれ相応かそれ以上の、大きな成功や利益の種子が含まれている。」この言葉は、今回私の心に響いた「ナポレオン・ヒル」の言葉です。

今日は鹿児島市内で、「思考は現実化する」という著書を基にした、「ナポレオン・ヒル」読書会に参加いたしました。ナポレオン・ヒルのことは存じておりましたが、このような形で、読み上げた内容を、講師が説明を加えてお話しくださると、とても頭に入ります。また今回の参加者が21名いらしていて、その方々の感想をお聞きすると、さらに皆さんの体験を通して本日行った内容が心に染み込んでいきますので、より理解を深めて、自分もしっかり実践しようという思いにならせていただきました・・・

若き日のナポレオン・ヒル

 

            いまから百年ほど前の話です。
ある無名の青年が、世界の鉄鋼王であり、大富豪であったアンドリュー・カーネギーと出会いました。 雑誌記者であった青年は、カーネギーに成功談を取材するという目的で赴いたのですが、 カーネギーは彼を三日三晩、自宅の豪邸に泊めながら、自らが培ってきた成功ノウハウを語りました。そして三日目の夜、カーネギーはその青年にこう切り出したのです。
「どうだろう、私の得たノウハウを成功哲学のプログラムとしてまとめてくれないか? 私は五百名の成功者を紹介しよう。期限は二十年。ただし、資金の援助は一切ない。」この提案を受けてプログラムを仕上げた無名の青年こそ、当時、弱冠25歳であったナポレオン・ヒル博士だったのです・・・

創造的な思考の種子を植える

「潜在意識は肥沃な畑に例えられる。深層自己説得によって、心の中の肥沃な部分に創造的な思考の種子を植えれば、それを育成することができる。何もしなければ雑念に占領させてしまうだろうし、破滅的な種子をも受け入れてしまうことになる。」こころには、常に良き種子を植え、雑草が生えてきたらしっかり抜くことが大切であるということです!!

さらに今回、願望実現の六ヶ条を学びました。

1.実現したいと思う願望を「はっきり」させること

2.それを得るための代償を差し出すこと

3.願望達成の「最終期限」を決めること

4.願望実現のための詳細な計画と立てること、そして迷わず行動すること

5.具体的願望そのための代償最終期限詳細な計画を紙に詳しく書くこと

6.そして1日2回、起床直後と就寝直前に、願望を感情を込めて、繰り返り繰り返しなるべく大きな声で読みながら、願望に信念という力を加える。

聞いたことがあるのに忘れてしまう私ですので、今回はしっかりブログで反復しながら、このことを実践したいと思います!!今日も良いことを学びましたご指導くださった大野先生ありがとうございました!!

(健康生活編)

生活環境を見つめる

毎日忙しく暮らす私たちにとって、生活環境という目に見えないことにはあまり関心がないかもしれません。しかし、ぜんそくやアトピー性皮膚炎、原因不明の頭痛や慢性疲労などのさまざまな不調、無気力やイライラ。これらの原因はもしかしたら生活環境が汚染されていることにあるとしたら?

シックハウス症候群という言葉をよく耳にしますね。

建築資材、家具、日用品から発生する化学物質が原因となり様々な体調不良を引き起こします。見た目やデザイン、耐久性は良いけれど、化学物質や殺虫剤、防腐剤などが建材や内装材に多く含まれていることがあるんです。

私たちの生活環境は目に見えない化学物質で汚染されているんですよ。
2000年に国土交通省が全国調査を実施したところ、27.3%の住宅でホルムアルデヒド濃度が国の指針値を超えていました。

4件に1件はシックハウスになってもおかしくないということですね。
今、あなたの周りに自然素材の物はどれくらいあるでしょう?

フローリングは無垢材ですか?

壁は?

柱は?

テーブルは?

本棚は?

意外と少ないでしょう?
シックハウス症候群は個人差が大きく、誰でも突然なってしまう可能性があるのです。今原因不明の体調不良を感じている方はもちろん、今は健康で何も問題はない方も、リフォームの際には、化学物質が含まれていない自然素材でのリフォームをおすすめします。

この記事を書いた人

前田 浩之
演劇と音楽が好きで、現在ゴルフ修行中です。
日常の些細な出来事の中から、少しでも良いことを見つけて書き記すことができたらと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です