最初から不可能と決めてかかるな。あなたには無限力がある・・・

最初から不可能と決めてかかるな。あなたには無限力がある・・・困難に負けてはならぬ。あなたは「不可能」ときめてかかって、何もしないでいる愚(おろ)か者であってはならない。不可能はないのだ。不可能をなせと命ずる上司もいない。不可能を強制する神はいない。あなたの目前にあらわれた課題は、あなたにとって実行可能なことだけである。(谷口清超著『伸びゆく日々の言葉』より)

先日「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」という映画を観にいきました。映画内容はチャーチルが首相就任からダンケルクの戦いまでの27日間のチャーチルの素顔を、実話をもとに描いた歴史エンターテイメント作品で、ゲイリーオールドマンの変身ぶりが衝撃的でしたが、それにもましてチャーチルという人の強烈な個性も印象的な映画でした・・・

1940年 5月 それまでのチャーチルは浮き沈みの激しい政治家人生だったようです。ところが 彼が66歳の時、時代は 彼をイギリス戦時内閣の首相として再び政治の表舞台に登場させたのです。人をこき下ろす皮肉屋で、個人的にもあんな人と接しているととても気分が悪いだろうなと思うほどでしたが、そんな彼の演説はとてつもないパワーを秘めていて、人の心を鷲掴みにする能力に長けていたようです・・・

それもこれも個人的な性格はともあれ、内に悪を絶対に許さない正義感と大いなる愛国心を誰よりも信念として持っていたからなのでしょう・・・

下記はチャーチルが議会で演説した内容です・・・

政府関係者に伝えたように、私は下院でこう言うだろう。私は、労苦、そして以外の何も提供するものはない。我々は目前にかつてない重大な苦難を抱えている。我々の目前には、数ヶ月もの長い努力と苦痛が多数待ちかまえている。諸君は『我々の方針は何か?』と問うだろう。私は答える、陸海空においてが我々に与えた全ての力を用いて戦うことだ。今までかつてない、人類の悲惨な犯罪史にさえ無い、途方もない暴政に対して戦うことだ。これが我々の方針だ。諸君は『我々の目標は何か?』と問うだろう。私は一言で答えられる、『勝利だ』と。どのような犠牲を払おうとも勝つこと、どのような悲劇が待ち受けようとも勝つこと。どれほどその道が長く険しかろうとも。勝利なくして生き残ることはない。

下院での首相就任演説 (May 13, 1940)

我々は最後までやる。フランスで、で戦う、日々、自信と力とを強めつつ、空で戦う。いかなる犠牲を払おうとも、我らの島を守る。我々は海岸でも、水際でも戦う。野で、街頭で、丘で戦う。そのようなことを私は一瞬たりとて信じぬが、たとえこの島やその大部分が征服され、飢えに苦しむとも、我々はけっして降伏しない。神のご加護のある時代、新世界が全力で旧世界の救助と解放とに向かうまで、海の向こうで英国艦隊が武装保護する我らが王国は努力を続けるだろう。

しかしチャーチルも人の子であり、自分の弱さに押し潰されそうになったこともありました。しかし最後は民衆の声に耳を傾け、自分を信じて、この歴史的決断をした演説により、フランスでの戦況が悪化して、和平条約を結びヒトラーに屈する直前まできていたイギリスを勝利へと導くこととなったのです・・・

困難に負けてはならぬ。あなたは「不可能」ときめてかかって、何もしないでいる愚(おろ)か者であってはならない。不可能はないのだ。「最初から不可能と決めてかかるな。あなたには無限力がある!!

映画とともにこの言葉もしっかり胸に受けとめて、日々過ごしたいものです。生かされている事に感謝今が一番幸せですありがとうございます!!

 

■50代以上の夫婦は…

積水化学工業住宅カンパニーの調査研究機関である住環境研究

所が、「定年後の夫婦の暮らし」について

意識調査を行いました。

夫婦の寝室の希望について聞いたところ、

同室・・・53.1%

別室・・・46.9%

と、それほど大きな差はありませんでした。
しかし、「どちらかというと夫婦別室にしたい」

「夫婦別室にしたい」という人の割合を男女別で見ると、

男性・・・39.6%

女性・・・55.6%

と、はっきりとした違いが…。
特に、夫婦別室を強く希望する女性の割合は、

6年前の調査から10ポイント以上増加しています。
いろいろと考えさせられる結果ですね。^^;

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

愛こそが人類に必要なすべてである・・・

愛は人生を開く鍵、世界を動かす原動力・・・愛のみが全世界を円相(えんそう)ならしめるのである。もしすべての人間の魂(たましい)の中から「愛」をひきぬいてしまったならば、全世界は一週間の中(うち)に破局に直面する。愛のない所に生命(せいめい)はない。いかなる愛もいまだかつて空(むな)しく終わったものはない。愛こそが人類に必要なすべてである。(新選谷口雅春選集4『祈りの科学』より)

「愛こそはすべて」 All you need is love ビートルズを思い出します。

作ろうとしないものは

作れない

救おうとしなければ

誰も救えない

できないことはあるかもしれないけれど

いつかは何者かになることはできる

簡単なことじゃないか

愛こそはすべて

いま必要なのは

愛だけだ~

 

一瞬「愛」と聞くととても大げさで漠然としたイメージで受け取られてしまいますが、心から発する良い行いがすべて愛と考えればとてもしっくりきます。

人はとかく自分の欲得の為に、ウソや偽りで自分の本心を覆い隠してしまいます。誰の心にも本来持っている自分の良心を傷つけながら・・・

自分さえ幸せであればいい、自分さえ儲かればいい、自分の国さえ安全で豊かであればいい・・・こんな利己的な考えが蔓延している間は、決して紛争がなくなることはありませんし、全体を見ない今の流れでは結局、すべてが自分に戻ってくることになるということを、世の中の特に上層部の方々は、本当に理解されていないのでしょうか?とても疑問に思います・・・

地球は一家、人類は皆兄弟!!

どんなに物質を享受しようとも、どんなに個人的には豊かで、幸せな暮らしができようとも、この母なる大地である”地球”がおかしくなれば、すべては消え去ってしまうのに、なんでいがみ合い、憎みあうのでしょう。「もしすべての人間の魂の中から「愛」をひきぬいてしまったならば、全世界は一週間の中(うち)に破局に直面する。愛のない所に生命はない。」この言葉のように人間は愛がなければ滅びるのです。今の時代いろんな意味でカウントダウンが始まっています。今こそ改めて「愛こそすべて」を思い返して、行動しなければいけないと思うことでした。今日も命にありがとう今が一番幸せですありがとうございます!!

紙ねんどを使ったコネコネ地球セラピーを受けました。これは私が作った地球です!!

 

【 道路の方角によるメリットとデメリット 】

土地を選ぶ時、

道路がどの方角に接しているのか気になりませんか?

どの方角にも、それぞれのメリットとデメリットがあります。

土地選びの参考にしてください。

●北道路のメリット

・ほかの方角の道路より割安

・道路から、洗濯物や1階の様子が見えにくい

・庭をプライベート空間として利用しやすい

・屋根や外壁が紫外線のダメージを受けにくい

・日差しが入りにくいので夏は比較的涼しい

●北道路のデメリット

・日照時間が短いので洗濯物が乾きにくく、冬は寒い

・駐車場が北になるので、南の庭が狭くなる

・駐車場の雪が解けにくい

●南道路のメリット

・日照時間が長い

・冬は北・東・西道路より暖かい

●南道路のデメリット

・道路から、洗濯物や1階の様子が見えやすい

・南側の庭はプライベート空間として利用しにくい

・人気があるので、東・西・北道路より高額

・紫外線による屋根や外壁のダメージが大きい

・夏の室内は暑い

・水回りを北側に設置すると、

上下水道管が長くなるので工事費用が高くなる

●東道路のメリット

・朝から明るく、全居室を南側に配置しやすい

・朝日を浴びることができる

●東道路のデメリット

・西道路より割高

・午後の室内は暗くなりがち

●西道路のメリット

・東道路より割安

・午後から明るく、全居室を南側に配置しやすい

●西道路のデメリット

・冬の午後は暖かいが、夏の西日がきつい

プライバシーや価格を重視するなら北側道路、

日当たりや開放感を重視するなら南側道路。

朝日を浴びて一日を元気に始めたいなら東側道路、

程よいプライバシー確保とお買い得感が良いなら西側道路…。

それぞれの個性が見えてきましたね。

みなさんが望む暮らし方に合う土地を探しましょう。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

日常のすべての言葉は祈りである・・・

日常のすべての言葉は祈りである・・・すべての言葉は一種の祈りです。特殊の跪(ひざまず)きや合掌(がっしょう)や儀式を伴(ともな)ったものだけが祈りではないのです。日常あなたは何を語るか、明るい事を語るか、暗い事を語るか。それらによってあなたの環境、運命がおのずから変化して来るのです。人はその語る言葉の果実を収穫するのです。(新選谷口雅春選集6『あなたは自分で治せる』より)

日常使っている言葉で人生が決まるよ!!とよく言われます。キリストの言葉にも「初めに言ありき、言は神とともにあり、言は神なりき」という有名な言葉があります。確かに日常を振り返ると、すべて言葉で物事は動いています。政治も経済もすべて、言葉によってその法案や指標が通るとなにもかもがその方向へと舵を切ります。個人でも毎日言葉(思い)で行動が決まります。今日は何々へ行きますと言えば、そこに行きますし、〇〇を買おうと思えばそれを買います。決して思ってもいないことや言ってもいないことに向けて行動することなどありえません。そうでありますから、「そんなつもりはなかったのですが・・」というのはただの言い訳であり、すべての行動はその人の本心ということになります・・・

先日NHK大河ドラマ「西郷どん」で奄美大島に蟄居中の西郷吉之助に対して、島娘とぅまが「神様あの人に災いを与えて下さい!!」と海に祈るシーンがありましたが、その後願いが叶い、西郷吉之助が高熱に犯されることとなります。もちろん一命は取り留めましたが・・・

だから言葉というのは大事に使わなければいけません。「両刃の剣」とはよく言ったものです。言葉は祈りです。日常あなたは何を語るか、明るい事を語るか、暗い事を語るか。それらによってあなたの環境、運命がおのずから変化して来るのです。この法則さえ善い方でしっかり押さえておれば、これからの人生善い事のみであります。日頃から感謝の言葉や愛の言葉を積極的に使うようにいたしましょう。そしてマイナスになるような言葉は絶対使わないように決意いたしましょう。わかっているのに忘れがちになる「ありがとう」をたくさん言うようにしよう!!改めて決意することでした。今が一番幸せですありがとうございます!!

 

_    ⊂⌒⊃
/  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「 増税前の混雑する時期を避けたいなら 」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

■8%の税率が適用されるのは
税率引き上げには、経過措置期間が設けられます。

住宅取得に関しては、

2019年3月31日までに契約するか、

2019年9月30日までに引き渡した場合に限り

税率8%となります。
ただし、2019年3月31日までに契約しても、

それ以降に追加工事を依頼した場合、

増額した分については税率10%が適用されます。

■増税を緩和する政策
・住宅ローン減税・・・適用期限を2021年末まで延長

・すまい給付金・・・給付額を最大50万円まで拡充

・贈与税非課税措置・・・非課税枠を最大300万円まで拡充

■計画に無理はありませんか?
前回、増税前の駆け込み需要が増えた時期は、

建材不足や人手不足がニュースになりましたね。
ほかにも、施工不良や手抜き工事、

引き渡しの遅れなど、

全国でさまざまなトラブルがありました。
施主の体験談によると、

打ち合わせに十分な時間を割いてもらえなかったり、

土地の価格が不自然に上昇したケースもあったとか。
消費税の増税前に家づくりを終えたいなら、

資金計画、土地選び、業者選びのスケジュールを

もう一度見直してみましょう。

ただし、資金計画が不十分なまま進めると、

どこかで無理が生じます。
無理のない、効率的なスケジュールにしましょう。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

過去をつかむな。今を生きよ・・・

過去をつかむな。今を生きよ・・・昨日(きのう)以前のことを持越(もちこし)苦労することは要(い)らない。一日の苦労は一日で足れりである。今の生活そのものに全力をそそぐとき、その思い煩(わずら)いに消耗(しょうこう)するところのエネルギーが、逆に建設的に生かされ、新しい創造の力となり、大いなる未来が創造される。「今」を生かさないで悩み煩(わずら)うことは、その過去はただの醜(みにく)い残骸(ざんがい)となるばかりである。(谷口雅春著『新版 幸福を招く365章』より)

5/15(火)は牡牛座で新月を迎えました。

これは84年位1度の大変革である牡牛座天王星時代の前夜祭のような新月なんだそうです・・・あまり詳しいことはわかりませんが、ものの本には・・・・・

牡牛座は、自分が理想とする、快適で平和な生活の基盤を現実の世界に築き上げる力を持った星座。収入や貯蓄といった経済面に関する願い、自分の生活を豊かにするために必要な環境・モノを手に入れるための願い事なら、牡牛座の新月が絶好のチャンスなんだそうです・・・

世の中は諸行無常で、いろんな場面で移り変わりながら時が流れています。善い事もあれ残念な事もあります。どんなものにも波長があります。それはウェーブ状に動く心電図のように・・・あの波のように動いている図が、ツーっと一本の線になった時は亡くなった時です。つまり人生も上がったり下がったりの波状の現象が起きている状態は生きている証であって、なんの波風もたたず変化のない状態は死んでいるのと同じである!!ということになるのではないでしょうか?!

つまり善い事があっても悪い事があっても、それをきっかけに魂を生長させながら生きているので、ただただ有難いのだ!!そしてすべては今の積み重ねであるから、過去の失敗などに悩み煩わずに、とにかく「今」を前向きに夢を持ちながら生きることが最も大切なんだ!!そんなことを思いながら生きることが大切なんだと改めて思う事でした。

先ほどの星座の話しのように、自分の理想を叶えていくには絶好のタイミングであると云われるものも、宇宙の法則には結構あるようですので、馬鹿馬鹿しいと思われる人もいるかもしれませんが、たまにはそんな前向きな話しを素直に信じて「いまを生きる」ことも、自分の人生を見つめたり、よりよいものに変えていこうという勇気なども貰えて良いのかもしれませんよ!!私は信じたいと思います。きっとこれからさらに善い人生になっていくことでしょう。今が一番幸せですありがとうございます!!

 


_    ⊂⌒⊃
/  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「 土地は有利な資産? 」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

■こんな調査があります
国土交通省が定期的に行っている調査の一つに

「土地問題に関する国民の意識調査」があります。
27年度の調査では、

・土地・建物については、両方とも所有したい・・・79.5%。

・建物を所有していれば、土地は借地でも構わない・・・4.5%。

・借家(賃貸住宅)で構わない・・・12.7%

となっています。

前回の結果と、それほど変化はありません。
次に、土地・建物を両方とも所有したい理由について。

・子どもや家族に土地・建物の形で財産を残したい・・・51.9%

・土地・建物は他の資産と比べて有利な資産だから・・・37.4%

が上位2つの回答です。

■過去最高値です
興味深いのが、「土地は預貯金や株式などに比べて有利な資産か」

という問いに対する回答です。
初回調査(平成5年度)では、

「そう思う」・・・61.8%

「そうは思わない」・・・21.3%

と、大きな差がありました。
しかしその差は年々縮まり、平成12年度に逆転。
今回の調査では

「そう思う」・・・30.1%

「そうは思わない」・・・41.3%

となっています。

「そうは思わない」人の割合は、過去最高です。

■こんな方法もあります
不動産を所有した場合、

処分の難しさ、収入減等によるローン負担の増大など、

不動産ならではの苦労があります。

その苦労を減らすため、

土地を購入するのではなく、

定期借地権付きの土地を利用する人もいます。
人口減少のため、

今後は空き地や空き家が増えることが予想されています。

そのため、定期借地権を付けた土地活用に

関心を寄せる人も少なくないとか。
定期借地権付きの土地は、契約期間が終了したら

更地にして地主に返還しなければなりません。

一方、地主の承諾があれば、

第三者に建物を貸したり売却できるという自由もあります。
土地を購入した方が良いのか、

借りた方が良いのかについては正解はありません。

しかし、選択肢が増えるのはありがたいですね。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

~信じる事さ 必ず最後に ”愛が勝つ” !!

真の愛は「与えきり」である・・・愛するとは、その相手から何事かを要求したり奪(うば)ったりすることであると考えるとき、愛は人間にとっての悩みのもととなります。愛するということは、相手から何事かを奪いとることではなく、相手に与え、捧(ささ)げ、奉仕することであります。真の愛は「与えきり」であり、報酬(ほうしゅう)を求めようとしないのです。(谷口清超新書文集9『愛情教室』より)

 

真の愛は「与えきり」・・・愛するということは、相手から何事かを奪いとることではなく、相手に与え、捧(ささ)げ、奉仕すること・・・このような愛に生きた人と云えば、私は「マザーテレサ」を思い出します。

「人は不合理、非論理、利己的です。気にすることなく、人を愛しなさい。あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。気にすることなく、善を行いなさい。目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。気にすることなく、やり遂げなさい。善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。気にすることなくし善を行い続けなさい。あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。気にすることなく正直で誠実であり続けないさい。助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。気にすることなく助け続けなさい。あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。」

上記はマザーテレサの言葉ですが、とても考えさせられます。善いことをしても、それを善いこととして受け取ってくれる人もいれば、計算高いと非難する人もいます。善い行いを認めればいいだけなのに、やっかみで人を蹴落とそうとする人もいます。正直に正々堂々と生きているのに、批判される人もいます。そんな時はつくづく理不尽だ!!腹を立ててしまいそうになります・・・

しかしよく考えれば、人の気持ちを理解することは本当に難しいことです。自分もそうですが、感じ方や受け取り方で全く別の解釈を行ってしまうものです。それを踏まえて対処する場合のポイントは、自分の行為についての人の意見なんて気にしないことです。大切なのは自分自身がどんな想いで行っているのか?そこに「」というものがしっかり確立しているのであれば、自分が善いと思った行為を、人の目など気にせずただひたすら実践すればいいのです!!伝わる人にはしっかり伝わります。”真の愛は「与えきり」”を実践されている方は、私の知り合いにもおられますが、素晴らしいと思います。ただ光が強くなればなるほど、影も濃くなり、誹謗中傷を受けたりと苦労をしたりもしますが、善い行いをされる方は魂がきれいですから、誰が何と言おうとも素敵で美しいです。不合理なことを経験することもあるとは思いますが、必ず最後は正しいものが、真理に則したものが、理解される世の中であると信じたいものです・・・

懐かしい歌のフレーズですが、究極は「~信じる事さ 必ず最後に”愛が勝つ”!」ものだと思います!!「真の愛」を磨きたい。そんなことを改めて想うことでした。今が一番幸せですありがとうございます!!

_    ⊂⌒⊃
/  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「 夫婦同室?別室? 」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

■睡眠の時間と質、満足していますか?
厚生労働省の調査によると、

1日の平均睡眠時間が6時間未満の人の割合は、

平成19年を境に、年々増加しています。

彼らの40%以上は日中に眠気を感じています。
また、フジ医療器の調査によると、

・寝ても疲れが取れない

・何度か目が覚める

・なかなか寝付けない

などの理由で、

97.1%もの人が睡眠への不満を訴えています。
あなたはどうですか?

■夫婦別室
「夫婦の寝室を別にすると離婚につながる」

という説は根強いですね。
しかし、配偶者のいびきや就寝時間の違いなど、

同室で眠ることが睡眠の質を悪くするのなら、

むしろ寝室を分ける方が賢明です。
睡眠に満足できない状態が続くと、

やがて心身の健康が損なわれます。

イライラしやすくなり、

仕事や人間関係にまで影響を及ぼすことがあります。
間取りの関係で別室にできなくても、

クローゼットや間仕切りで緩やかに区切ることはできます。
夫婦のどちらかが

睡眠時間や質に不満を抱いているのなら、

新居の睡眠環境について、

お互いの本音を伝えて話し合いましょう。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

今日一日、人の悪を言わず・・・

今日一日、人の悪を言わず・・・今日一日、心のうちから一切の悪を、欠乏の感じを、病気の感じを、すべての恐怖を拭(ぬぐ)い去り、人の悪を言わない日とするのである。演劇は作者が作品をつくらなかったら無い。もし吾々(われわれ)が、一切の悪の存在をみとめず、人の悪をも心から駆逐(くちく)してしまったならば、心は一切の悪の脚本を創作せず、ただ神の子の幸福生活だけが存在するのである。(谷口雅春著『新版 幸福を招く365章』より)

最近は書籍や講演等さまざまなところで、「良い言葉を使いましょう」とか「人の良いところを褒めましょう」と言われるようになってきました。今までは個の時代とか競争の時代などと云われ、とにかく現実的に誰よりも強く負けないということが正しいと思われていました。

しかし21世紀は、心の時代とか魂の時代という、目に見えないものが大切であるという方向にシフトしてきました・・・

これは環境的にも物質的にも大方満たされつつある境遇の中、お金や上等な車や物や食べ物を得られているから幸せなのだ!!ということではないことに気づき始めたからなのでしょう・・・

どんなに何不自由ない暮らしをしていても、周りの方々との調和がなければ息苦しいことこの上ないと思いますし、健康を害していれば、憂鬱で気持ちは塞ぎこんでしまいます。

 

自分が本来どのように生きたいのか?それが明確で、その方向へ向かうに当たり、必要な人やものやお金がバランスよく巡って活かされた時、本当に生き甲斐を感じることができるものだと思います。そしてその最たるものは、人と人との繋がりが心地よい形で築かれている事!これが一番大切な事であると思います。

そしてそのように人と仲良くあるためには、心のうちから一切の悪を、欠乏の感じを、病気の感じを、すべての恐怖を拭い去り、人の悪を言わないようにすること、これが最も重要なのではないでしょうか・・・

人の悪を思わず、常に人の美点を認め讃める。人は批判されるより、褒められるほうが嬉しいのは当たり前です。自分を褒めてくれる人を憎む人なんてこの世にはきっといないでしょう。そんな人たちに囲まれて過ごせたら、その場でそのまま地上天国だ~!という気持ちになることでしょう。少なくとも私はそうなると思います。自分がしてもらいたいことを人に与える。これが世の中を住みよい世界にする一番の近道のような気がいたします。その為にも、私も意識的に人の悪を言わない日を、一日でも多くできるように努めていきたいと思うことでした。今が一番幸せですありがとうございます!!

【 手付金によるトラブルを防ぐために 】

「今まで見た中で、この土地が一番気に入った。

ほかの土地も見たいけど、とりあえずキープしておきたい」

という時、

「手付金を払ってくれるならキープしてあげますよ」

と言われたことはありませんか?

あるスタッフは、そう言われたことがあります。

しばらく迷ったものの、業者が書面化を嫌がったので

その話は断ったとか。

業者と契約を結ぶ際、手付金が必要になります。

その額や支払い時期は、地域や業者によって異なります。

一般的な額は代金の1割から2割ですが、

交渉次第では、それ以下に抑えられることもあります。

契約後に『買主』の都合で解約する場合、

手付金は原則として返金されません。

急な転勤や親との同居、住宅ローン審査不合格など、

やむを得ない事情で解約する人には、

少々厳しい制度かもしれませんね。

転勤などの可能性がありますか?

ローン審査に対して不安要素はありますか?

もしあるのなら、手付金の軽減や

ローン特約(ローン審査に落ちた場合、

手付金全額返還での解約を可能にする)などについて

事前に相談しておくといいですよ。

建売住宅のモデルハウスの見学者に

考えをまとめる暇を与えないまま、

仮押さえというニュアンスで手付金を払わせた業者がいま

す。

これは、宅建業法で禁止されている

『契約の締結を誘引する行為』に該当する可能性があります。

新築契約を締結し、手付金の授受が終わった後に

倒産した業者もいます。

他の業者が契約を引き継ぎ、引き渡しまで進むこともありま

すが、泣き寝入りする施主も少なくありません。

ですから、あなたが手付金を払う場合は、

その手付金の目的を理解しておきましょう。

そして、もし解約する際、

その手付金がどう扱われるのかを事前に確かめておきましょう。

もしクーリングオフが適用されるのなら、

それを『書面』で知らされた日がいつなのか、必ず確認してください。

なぜなら、クーリングオフは

『書面』で知らされてから8日間が期限になるからです。

一度でもお金に関するトラブルがあると、

家づくりは楽しくなくなります。

疑問を感じたらその都度業者に質問することを

習慣づけたいですね。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

審判(さば)くなかれ。その人の身になって考えよ・・・

審判(さば)くなかれ。その人の身になって考えよ・・・自分の立場だけを考えてはいかぬ。人には色々の立場があり、その立場に立って思い、考え、感じ、悲しみ、苦しみ、喜ぶのである。彼の立場に立って同喜同悲(どうきどうひ)してやるのでなければ本当に愛深いという事は出来ない。もとより人の古傷や欠点をあばき出してこまらせることは愛深い人のなすべきことではない。(谷口雅春著『新版 光明法語<道の巻>』より)

誰だって褒められることは嬉しいですが、誹謗中傷は別に気にしません!!と思っていながらもやはり傷つきます。よく何かにつけて他人の事を「あれこれ」言われる人がおりますが(特にマスコミ)、完全に間違いのない正しい情報として批判できている人などこの世にはいない!と私は思うのですが・・・

コトバや文章、例えば私のこのブログにしても、すべて自分の主観が中心となって書いております。自分で「これは正しい」「これは違う」とすべて私の考えで書いています。しかし人の考えは様々で、百人いれば百通りの考え方がある訳ですから、このブログを見て確かに正しいようだけど、でもここおかしくない?っていうのもたくさんあるのが当たり前なのです。ましてや行動となると、その時の成り行きや環境や判断は千差万別なのですから、その状況にいない人にとってはまったく見当も付かないことだって数多くあるはずなのです・・・

そんなその場の状況もわからない第三者が、いろんな理屈を並べ立てて、常識人を装い、批判を繰り返す現状は何か狂っているような気がしてならないのです。本人にしかわからない真実に時間を費やして暴きつづけるよりも、もっと発展的なことに時間を使ってほしいし、もっと相手の立場も考えながら、公に出さずに解決を促す愛もほしいです。なんでも面白おかしくした人権を無視したような風潮を止めて、もっと明るい出来事や前向きな方々をクローズアップするような流れに変わらない限りは、個人としても国としても明るい未来を手に入れることは正直できないかもしれません・・・

審判(さば)くなかれ。その人の身になって考えよ」このような愛深い人がひとりでも多く集まった時、この国や世界に平和が訪れるのではないかと改めて感じることでした。今が一番幸せですありがとうございます!!

 

_    ⊂⌒⊃
/  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「 土地は有利な資産? 」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

■こんな調査があります
国土交通省が定期的に行っている調査の一つに

「土地問題に関する国民の意識調査」があります。
27年度の調査では、

・土地・建物については、両方とも所有したい・・・79.5%。

・建物を所有していれば、土地は借地でも構わない・・・4.5%。

・借家(賃貸住宅)で構わない・・・12.7%

となっています。

前回の結果と、それほど変化はありません。
次に、土地・建物を両方とも所有したい理由について。

・子どもや家族に土地・建物の形で財産を残したい・・・51.9%

・土地・建物は他の資産と比べて有利な資産だから・・・37.4%

が上位2つの回答です。

■過去最高値です
興味深いのが、「土地は預貯金や株式などに比べて有利な資産か」

という問いに対する回答です。
初回調査(平成5年度)では、

「そう思う」・・・61.8%

「そうは思わない」・・・21.3%

と、大きな差がありました。
しかしその差は年々縮まり、平成12年度に逆転。
今回の調査では

「そう思う」・・・30.1%

「そうは思わない」・・・41.3%

となっています。

「そうは思わない」人の割合は、過去最高です。

■こんな方法もあります
不動産を所有した場合、

処分の難しさ、収入減等によるローン負担の増大など、

不動産ならではの苦労があります。

その苦労を減らすため、

土地を購入するのではなく、

定期借地権付きの土地を利用する人もいます。
人口減少のため、

今後は空き地や空き家が増えることが予想されています。

そのため、定期借地権を付けた土地活用に

関心を寄せる人も少なくないとか。
定期借地権付きの土地は、契約期間が終了したら

更地にして地主に返還しなければなりません。

一方、地主の承諾があれば、

第三者に建物を貸したり売却できるという自由もあります。
土地を購入した方が良いのか、

借りた方が良いのかについては正解はありません。

しかし、選択肢が増えるのはありがたいですね。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

先ず今ある恵みに感謝せよ。次に一層大いなる祝福は来たる・・・

先(ま)ず今ある恵みに感謝せよ。次に一層大いなる祝福は来たる・・・今与えられているもののありがたさをよく消化して魂(たましい)の底に吸収しましょう。現在与えられている恵みがあってもそれに気づかず、従ってそれに感度が合わないと次なる供給もやって来ないのです。心の波長が「不足」「不足」と念じているとそうなるのです。心広く今の恵みを感謝する時、更に大いなる恵みは来るのです。(新選谷口雅春選集12『静思集』より)

私たちは何かをいただいたら感謝する。何かをしてもらったら感謝する。これはすべての人が出来ていることと思いますが、今現在身の回りにあるものや、身の回りに起きていることについてとなると、当たり前にように思って「ありがたい」という思いを忘れてしまっているものですよね・・・

上記の言葉には「先ず今ある恵みに感謝せよ。次に一層大いなる祝福は来たる」と書かれています。冷静に自分の周りを振り返るとまったく忘れていた感謝すべきものがたくさん出てきます。自分自身だとまず仕事をさせてもらっていること。家族が元気でいること。自分も病気や怪我もなく健康でいられること。周りに優しい友達がいてくれること等・・・見渡せばいくらでも感謝すべきことがでてきます。

つい心に余裕がないと忘れがちになる身近な「感謝」。一日最低一回は振り返りながら確認をする必要がありそうです。そうしないとその先の恵みもありませんし、いつもそのような感謝の心を思い出していれば、いつも心は穏やかになれますし、顔つきも優しくなることでしょう。結局は自分の運勢がとても良い方向に進んでいき、素晴らしい人生をおくれることとなるのです!!やはり「ありがとう」は最強の言霊ですね。これからも心を込めて「ありがとう」を実践していきたいと思います。今が一番幸せですありがとうございます!!

【 一人の時間が欲しくなることはありませんか? 】

前回、間取り次第で家族のコミュニケーションは変わるという話をしました。

あのメルマガを読みながら、こう思いませんでしたか?

「でも、一人になれる空間も欲しい・・・」と。

じつは、一人になれる時間というのは、精神衛生上とても大切なものです。

パート主婦や専業主婦の場合、拘束時間が長い夫と比べると、すき間時間を利用

して一人の時間を楽しむことができます。

しかし、早朝に出勤して深夜に帰宅する夫の場合、自宅の中で一人になれる時間

を確保するのは難しいものです。

自室が無い場合、一人になれる空間は、お風呂かトイレと

いったところでしょうか。

そのため、新居に書斎スペースや自室が欲しいと願う男性は少なくないとか。

ただ、子供部屋や夫婦の寝室などを優先させる家づくりの場合、書斎を確保する

のはなかなか難しいのが実情でしょう。

個室にこだわる必要はありません。

寝室やリビングを壁でゆるく仕切って、大きめで座り心地の良いイスを置くなど

の方法もあります。

あなたの家族ならではの『お一人様空間』を、ぜひ考えてみてください。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

本当の幸福とは・・・

今日は幸福の日、神の子の日・・・心の中に平和がなければ、百万の富があろうとも幸福はない。心に平和ありて、人を愛することが出来るとき、それが本当の幸福なのである。心の中の平和は神との一体感によって得られるのである。今日は朝から神の子の自覚にみちあふれ、心なごみ、その悦(よろこ)びにしみじみと生き甲斐(がい)にひたっている。(谷口雅春著『新版 幸福を招く365章』より)

今、世間を見渡しても慌ただしかったり、いざこざが絶えなかったりと、中々落ち着いていられない日々を過ごすことが多いですよね。なので毎日心が穏やかでいられる人はほんとうに幸いです・・・

お金は、生活の基盤を維持しなければなりませんのでとても大切です。たくさんあることになんの支障もありません。しかしお金をいくら持っていても、仕事上や日常生活に悩みを抱え、心がギスギスしながら過ごしているのでは、まったく幸せではないのも確かであります・・・

この空や海のように晴れやかな心持の時が一番幸せなのでしょうね~!!

ではいつも心穏やかでいられるにはどのようにしたらよいのでしょう?私たちはいつだって一人では生きていけません。誰かに支えられておりますし、いつも自然から派生した物を摂取したり、利用したりしながら生活しています。つまりそれらを創った神様からの恵みによって活かされているということです・・・でありますから、日々の生活でいつでも「おかげさま」の心を持てた時、私たちは心穏やかで幸福感を得られるのではないでしょうか。神様との一体感によって得られる心の平和を自身も努めていこうと思うことでした。今が一番幸せですありがとうございます!!

【 多額の広告宣伝費を負担したくないなら 】

新築したい時期、テレビに住宅関連のCMが流れると、

ついつい見入ってしまうものです。

何度も目にするうちに、

・知名度が高い

・信頼できそう

と感じる人もいることでしょう。

1本のCMを作るには多くの費用が発生します。

有名タレントを起用すれば、

制作費用だけで数千万円になることもあります。

また、CMをテレビで放送するにも費用が必要です。

その額は、地域や時間、視聴率によって異なります。

諸説ありますが、例えば15秒スポットの場合、

・民放放送局のゴールデンタイム:200~500万円

・ローカル局のゴールデンタイム :20~100万円

・キー局の深夜帯:50~100万円

とも言われています。

ところでテレビだけでなく、インターネット上でも

多くの広告を目にしますよね。

新聞の折り込みチラシでも、

見学会やセミナーの案内を見かけます。

このように、私たちの周りには多くの広告が溢れています。

これらには、すべて費用が発生しています。

無料見積もりをしている業者の場合、

契約まで至らなかった人に

費用負担をお願いすることはできません。

結局、これら広告に関する費用は、

その業者と契約したお客さんが負担するしかないんです。

そのため、あるハウスメーカーでは、

顧客一人当たり数百万円の広告宣伝費を負担しなければならないとか。

といっても、

見積書に『広告宣伝費』と記載してあるわけではありません。

だから、一般のお客さんは

自分がいくら負担しているのか気付いていません。

知名度の低い工務店での家づくりは不安ですか?

でも、その知名度の低さは、

広告宣伝に費用を掛けないのが原因かもしれません。

あなたが広告宣伝費を負担しなくてよいということは、

同じ予算でより良い家づくりができる可能性があるということです。

知名度が低い分、探す手間はかかりますが、

あなたが住む地域には隠れた名店があるかもしれません。

インターネットや施工現場、

地域の人の口コミなどもフル活用したいですね。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

毎日誰かに一つでも深切(しんせつ)しよう・・・

毎日誰かに一つでも深切(しんせつ)しよう・・・人間の成功の程度は、その人が如何(いか)ほど人々を幸福にし、人々の魂(たましい)を高め上げたかによってのみ量(はか)られるのである。自分の全時間を自己発展のためのみに使ってはならない。少しは余裕をのこしておいて、他の人のために幸福を考えてやるようにすべきである。毎日誰かに一つでも深切(しんせつ)を尽(つく)すように心がけるべきである。(谷口雅春著『新版 幸福を招く365章』より)

いろんな方にお会いしたり、お話しを聞いたりして思うこと・・・それは公私ともに立派な方というのは、100%心根の優しい方であるということです・・・

もちろんそのお仕事の分野や、技術的なことも一流ではありますが、根底にある人を思いやる優しさが秀でているのです。それは言葉からも滲み出ていますし、仕草や行動にもそれが染みついているのです・・・

上記の言葉のように、人間の成功の程度は、その人が如何(いか)ほど人々を幸福にし、人々の魂(たましい)を高め上げたかによってのみ量(はか)られるのである。ということがつくづく真理であるのだと思います。

仕事ひとつとっても、もしその仕事が人の為にならないのであれば、正直言ってその仕事の存在意義はありません。傍を楽にすることが「働く」でありますから、毎日誰かに一つでも深切(しんせつ)を尽(つく)すように心がけ働く時、私たちの仕事は燦然と光輝くものとなり、やりがいや生きがいを感じることができて、自分の魂を喜ばすことになるのだと思うのです。そして自分本位にならずに、皆が喜ぶようなことを分け与える想いと少しの余裕を、日頃から意識しなければいけないと改めて思うことでした。また良い気づきをいただきました。今が一番幸せですありがとうございます!!

 


_    ⊂⌒⊃
/  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「 良くない現場 」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

■良くない現場の例
・敷地の端に、木材などが乱雑に置かれている

・施工関係者の車が路上駐車している

・タバコくさい

・敷地から出入りする車両が隣接する道路を汚している

・住宅密集地なのに防塵対策をしていない

・構造躯体が雨ざらしになっている

■良くない現場が施主に与える影響
・業者に対する近隣住民の不満が、

入居後の人間関係に影響を及ぼすことがある

・雨ざらしが腐食の原因になることがある

・新居に対する思いの温度差がきっかけで、

業者との関係性が悪化することがある

■施主の立場で物事を考えられる業者を選ぶ
複数の施工現場を見比べると、その違いがよくわかります。

・敷地に置かれた材料が汚れない工夫をしているか

・関係者以外が入れないようにしているか

・建物が濡れないよう、シートなどで覆っているか

など、気になることを比べてみましょう。
施主の立場で物事を考えられる業者は、材料を丁寧に扱います。

現場をきれいに保つことを心がけます。

近隣住民の目を意識して行動できます。
それは、入居後のあなたを守ることにもつながります。

天気の良い日だけでなく、雨の日にも複数の現場を訪れ、

じっくり観察してみましょう。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」