~信じる事さ 必ず最後に ”愛が勝つ” !!

真の愛は「与えきり」である・・・愛するとは、その相手から何事かを要求したり奪(うば)ったりすることであると考えるとき、愛は人間にとっての悩みのもととなります。愛するということは、相手から何事かを奪いとることではなく、相手に与え、捧(ささ)げ、奉仕することであります。真の愛は「与えきり」であり、報酬(ほうしゅう)を求めようとしないのです。(谷口清超新書文集9『愛情教室』より)

 

真の愛は「与えきり」・・・愛するということは、相手から何事かを奪いとることではなく、相手に与え、捧(ささ)げ、奉仕すること・・・このような愛に生きた人と云えば、私は「マザーテレサ」を思い出します。

「人は不合理、非論理、利己的です。気にすることなく、人を愛しなさい。あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。気にすることなく、善を行いなさい。目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。気にすることなく、やり遂げなさい。善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。気にすることなくし善を行い続けなさい。あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。気にすることなく正直で誠実であり続けないさい。助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。気にすることなく助け続けなさい。あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。」

上記はマザーテレサの言葉ですが、とても考えさせられます。善いことをしても、それを善いこととして受け取ってくれる人もいれば、計算高いと非難する人もいます。善い行いを認めればいいだけなのに、やっかみで人を蹴落とそうとする人もいます。正直に正々堂々と生きているのに、批判される人もいます。そんな時はつくづく理不尽だ!!腹を立ててしまいそうになります・・・

しかしよく考えれば、人の気持ちを理解することは本当に難しいことです。自分もそうですが、感じ方や受け取り方で全く別の解釈を行ってしまうものです。それを踏まえて対処する場合のポイントは、自分の行為についての人の意見なんて気にしないことです。大切なのは自分自身がどんな想いで行っているのか?そこに「」というものがしっかり確立しているのであれば、自分が善いと思った行為を、人の目など気にせずただひたすら実践すればいいのです!!伝わる人にはしっかり伝わります。”真の愛は「与えきり」”を実践されている方は、私の知り合いにもおられますが、素晴らしいと思います。ただ光が強くなればなるほど、影も濃くなり、誹謗中傷を受けたりと苦労をしたりもしますが、善い行いをされる方は魂がきれいですから、誰が何と言おうとも素敵で美しいです。不合理なことを経験することもあるとは思いますが、必ず最後は正しいものが、真理に則したものが、理解される世の中であると信じたいものです・・・

懐かしい歌のフレーズですが、究極は「~信じる事さ 必ず最後に”愛が勝つ”!」ものだと思います!!「真の愛」を磨きたい。そんなことを改めて想うことでした。今が一番幸せですありがとうございます!!

_    ⊂⌒⊃
/  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「 夫婦同室?別室? 」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

■睡眠の時間と質、満足していますか?
厚生労働省の調査によると、

1日の平均睡眠時間が6時間未満の人の割合は、

平成19年を境に、年々増加しています。

彼らの40%以上は日中に眠気を感じています。
また、フジ医療器の調査によると、

・寝ても疲れが取れない

・何度か目が覚める

・なかなか寝付けない

などの理由で、

97.1%もの人が睡眠への不満を訴えています。
あなたはどうですか?

■夫婦別室
「夫婦の寝室を別にすると離婚につながる」

という説は根強いですね。
しかし、配偶者のいびきや就寝時間の違いなど、

同室で眠ることが睡眠の質を悪くするのなら、

むしろ寝室を分ける方が賢明です。
睡眠に満足できない状態が続くと、

やがて心身の健康が損なわれます。

イライラしやすくなり、

仕事や人間関係にまで影響を及ぼすことがあります。
間取りの関係で別室にできなくても、

クローゼットや間仕切りで緩やかに区切ることはできます。
夫婦のどちらかが

睡眠時間や質に不満を抱いているのなら、

新居の睡眠環境について、

お互いの本音を伝えて話し合いましょう。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

この記事を書いた人

前田 浩之
演劇と音楽が好きで、現在ゴルフ修行中です。
日常の些細な出来事の中から、少しでも良いことを見つけて書き記すことができたらと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です