人と分ち合う幸福は永続する・・・

人と分ち合う幸福は永続する・・・物質的な贈り物に限らず、愛情でも好意でも、「与える」ことによって得られる喜びは、「受ける」のみの時よりも充実した祝福感をもつ。その祝福感は、「与えよう」と心に決めた時あらわれ、実行によって高潮(こうちょう)に達し、与え終ってからも心の中に余韻(よいん)をひき、相手との歓(よろこ)びの交流によって拡(ひろ)がり続ける。(谷口雅春著『人生を見つめて』より)

分かちあう」という言葉はとても良い響きです。世の中に自分だけ良ければ!という考えが蔓延しつつある中、別の流れではお互いに分かち合おうという考えも出てきております。21世紀は心の時代と云われて久しいですが、「自分が!自分が!」と欲望に任せて生きて行くことに段々疲弊してきているのかもしれません・・・

自分の仕事を振り返ってみますと、家創りを多くこなせば確かに売上はあがりますし、会社も潤っていきます。もちろん有難いことですが、忙しさにかまけてミスが連発し、そのせいでお客様に不平不満を与えてしまいました。さあこの時、数をこなして儲けましたから、ああよかった!!と思えますでしょうか?かたや、仕事は程々でまあぎりぎりですが家創りに励み、こまやかな対応にお客様も大満足の引渡しができました。お客様から「素晴らしい家を創ってくださりありがとうございます」と感謝の言葉をいただきました。施工者側からしたらどちらが幸せを感じるでしょうか?もちろん後者ですよね・・・

ここにはどちらに「想い」をシフトしたかにかかってくると思います。儲けを重視するのか?幸福感を重視するのか?極端にいうと「奪う」のか「与える」のか。大半の工務店は後者であると思いますが、たまに前者を聞くこともあります。とても残念ですが、これからの時代は間違いなく「与える」にシフトしたものしか生き残れないことでしょう・・・

与え終ってからも心の中に余韻をひき、相手との歓びの交流によって拡がり続ける。人と分かち合い、お互いが幸せになる時代を目指す。この気持ちを忘れずに日々努めたいと思います。今が一番幸せです ありがとうございます!!

【 建て時について。あなたの考えはどっち? 】

「近い将来、消費税が引き上げられます」

「こんな低金利は、もう二度とないかもしれない」

「今ならキャンペーンで、こんな特典が!」

そんなフレーズを耳にすると、

「新築するなら今が一番いいのかも」

と、気が焦ってしまいますね。

数千万円の費用を掛けるのですから、少しでもお得な時期に建てた

いと思うのは当然です。

しかし、逆の考え方もあります。

数千万円の費用を掛けるのですから、より良い家づくりをするため

の計画を充分に練って、準備が整うまで待つべき。

さて、みなさんの考えはどちらでしょうか。

家が完成するまでには、ライフサイクルを作成して安全な資金計画

を考えたり、納得できる土地を探したり、信頼できる業者を探した

りと、時間を読めない作業が続きます。

業者との打ち合わせや施工期間を含めると、数年がかりの計画にな

ります。もし、住宅を投資目的で買うのなら、低金利や増税前の時

期は絶好のタイミングといえるのでしょう。

しかし、家族のための新居をつくる人にとってはどうでしょうか。

世間のタイミングに合わせるより、自分のタイミングに合わせるこ

とが大切だと私は考えます。

ところで、前回の増税の時、どんなことが起きたか覚えています

か?新築の申し込みが殺到して業者は人材不足と材料不足に悩まさ

れたものでした。

また、作業者の経験不足や長時間労働による施工ミスが、各地で多

発しました。あなたの建て時と他の人の建て時は違います。

後悔や妥協をしないためにも、建て時をしっかり

見極めたいものですね。

 

マエダハウスでは「失敗しない住まいづくりの秘訣」メールセミナー
というものをおこなっております。登録は簡単です。下記の言葉を
クリックすると説明が書いてあります。その通りにしていただけば
毎日1回配信されますので、ご利用下さい。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「失敗しない住まいづくりの秘訣」

 

この記事を書いた人

前田 浩之
演劇と音楽が好きで、現在ゴルフ修行中です。
日常の些細な出来事の中から、少しでも良いことを見つけて書き記すことができたらと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です